ミサゴに会いに行った

b0148762_19375634.jpg
b0148762_19395925.jpg
ミサゴさんに会いに千種川の河口付近へ行きました。ここは上郡町ではなく、赤穂市内になります。久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
が、風が強く、雨が時折降って、あまりコンディションが良くなかったこともあり、たいした写真が撮れませんでした。。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
[PR]
Commented by N_BIRDER at 2008-12-07 23:15
こんばんは。
久しぶりのミサゴとの出会い良かったですね。
どうしても空バックの撮影は天候に左右されてしまいますね。
僕の場合、空バックで撮影したいと鳥は晴れた日に、曇りの場合は目線を下げて歩いています。
Commented by kozuti-9 at 2008-12-08 09:27
飛んでいますね。
こういう写真わたしには撮れない、素晴らしいです。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-12-08 14:01
人なんです。
どう生きるか。
えー
今日もスマイル
Commented by smashige at 2008-12-08 21:19
N_BIRDERさん、
ミサゴは大好きな鳥です。天候によっていろいろ撮り方があるのですね。
いつも教えて頂いてありがとうございます。
Commented by smashige at 2008-12-08 21:21
kozuti-9さん、
まあ、レンズがあって設定が合っていればなんとか撮れますが、東京の町中ではあんまりレンズを振り回せないかもしれないですね。。^^;
いつも有り難うございます。
Commented by smashige at 2008-12-08 21:22
kawazukiyoshiさん、
いつも楽しませて頂いています。
鳥を見ながら、いろいろと考えるのもいいですねー。
Commented by kozuti-9 at 2008-12-09 09:06
私の近辺も作り物ですが自然はあります。
『待つ事』 が、出来れば動く物にも挑戦できるカモ?
感動すると、カメラより見惚れて、シャッター切るのが遅れます。
Commented by smashige at 2008-12-09 23:00
そうですねー。
ファインダー越しに見るのはもったいない気がすることもありますしね。
身近な葉っぱとか、小さな花とか、探せば被写体はいっぱいありますよねー。

ただ、ミサゴを撮ったカメラ(レンズ)は、どでかいのです。。カメラとレンズを合わせると、重さで言うと4キロぐらいになります。長さは40センチぐらい。直径は10センチぐらい。
人家の近くでは、どんなにきれいな鳥がいても、絶対に狙いません。
だって、自分の家に向かってレンズ向けられるのって、嫌だと思うんですよ。僕だったら嫌ですね。
最近、一眼レフカメラを持つ人が増えて、マナーが悪い人が増えていると言われているので、そういうこと、ちょっと気をつけるようにしています。
by smashige | 2008-12-07 19:42 | 野鳥 | Comments(8)

「『自然』に学び、生命について考える」をテーマに西播磨の自然をレポートします。


by smashige