本当の速射とは?

b0148762_20400636.jpg
E-520/ZD 70-300mm F4-5.6

たまたま近くにとまったジョウビタキ、オス。トリミングなし。

本当の速射とは何でしょうね?
純粋にAFの速度という意味では7D MarkⅡがいいのでしょうが、レンズもそれなりのを選ぶと重量の問題がありますよね。
ボクのように散歩しながらとか自転車に乗って気軽に、ってわけにはいかないでしょう。
EVF vs OVFというのもひとつの関心事ですよね。
あ、っと思ったときにEVFは本当に対応できるのでしょうか?
見えなくても勘でいけるとか??
そう考えてくると、むしろ今、3万とかで売っているE-3の方がいいんじゃないか??
いろいろと夢想は続くわけです。。

やっぱり一番の問題は、高感度なんですよねー。
なんてったって、E-520は上限がISO1600で、せいぜい使えるのは400までなのです。。


[PR]
Commented by bernardbuffet at 2015-03-08 21:55
道具の進化は撮影スタイルを変える、ですね。
良い機材はそれなりに不測の事態に応えてくれる。
ボケとかまでこりだしたらきりがありませんが、突き詰めていくと(特に携行性を重視すると)マイクロフォーサーズになるのではと、最近思っています。4K動画から1枚を選び出すという技術も結構実用の域に達しているようですし・・・。
Commented by smashige at 2015-03-14 17:41
そうですねー。E-5は気に入っていましたが、やはり重いのがネックでしたし、使い慣れたオリンパスで、しかも軽いとなると、選択肢は一つのような気がしますね。。
by smashige | 2015-03-08 20:52 | 野鳥 | Comments(2)

「『自然』に学び、生命について考える」をテーマに西播磨の自然をレポートします。


by smashige