うちで生まれたアマガエル

(愛用のシグマ150-600mmレンズのレンズ内のホコリが気になり、清掃に出しました。
野鳥はしばらくお休みです。)

うちは庭で小さな畑を作っています。
その畑で使うために、大きめのコンテナボックスに水を溜めています。
その水溜に、ある日小さなオタマジャクシを見つけました。
庭にいるカエルが卵を産んでいたようです。
見ていると、10月頃から足が生え始め、カエルになるものが出てきました。
とても可愛らしかったです。

b0148762_19473703.jpg
1,


b0148762_19475099.jpg
2,


b0148762_19481668.jpg
3,


b0148762_19482940.jpg
4,


b0148762_19484048.jpg
5,


b0148762_19484950.jpg
6,


b0148762_19490464.jpg
7,


b0148762_19492209.jpg
8,

白いものは、うちでやった飼い犬の餌です。

[PR]
Commented by bernardbuffet at 2017-11-19 22:34
おやおや、この季節に?!
冬を越せるのでしょうか?
暖を採った家の中で飼えば大丈夫かもしれませんね。
Commented by mirakurupurin2 at 2017-11-20 07:01
尻尾が着いたままのアマガエルさんを久しぶりに見ました。
オタマジャクシさん達も懐かしい!
子供の時以来、何十年も見てないような・・・
犬の餌を食べるんですね〜グルメなオタマジャクシさん達。笑
そういえば、こっちに移住してからは、カエルさんを1度しか見たことがないんですよ。
警戒心が強いのか、鳴き声は聞いたことはあるんですけど日本の夏のように、遠くまで響く鳴き声は聞いたことがないですね。
Commented by xylishcool at 2017-11-20 13:24
かえるマニアの方もいますね。
実際綺麗ですよね。自分は何かを飼うというのは無い人間なので・・・。
それでも撮影してくるとなんとなく飼う方の気持ちが分かります。
Commented by asitano_kaze at 2017-11-20 20:11
自然の営みはすごいものですね。
カエルが卵を産み、おたまが誕生して、そしてまた一人前の姿になって巣立っていくのですね。
ちいさな生き物たちにも命の輝きがありますねぇ。
Commented by kame3z at 2017-11-21 22:06
おたまじゃくしと言うと、
春先ですよね ?!
調べてみると、
おたまじゃくしで越冬する種類もいるようです。
ウシガエルは、おたまじゃくしで越冬するようですよ !
でも、これはとてもウシガエルのようには見えませんね(笑)
Commented by smashige at 2017-11-26 12:28
> bernardbuffetさん
ありがとうございます。
今のところ元気ですが、どうでしょうね。
枯葉をたくさん入れて、冬眠できるようにはしてみましたが。。
家の中に入れられる大きさではないんですよ。
Commented by smashige at 2017-11-26 12:29
> mirakurupurin2さん
ありがとうございます。
カエル、水田がないとなかなかいないかもしれないですね。
懐かしく見ていただいてうれしいです。。
Commented by smashige at 2017-11-26 12:31
> xylishcoolさん
ありがとうございます。
そうなんですよ。うちで生まれたとなると余計、情も移りますしね。
犬の餌を入れてみると喜んで寄ってきたりして、とてもかわいいです。
Commented by smashige at 2017-11-26 12:35
> asitano_kazeさん
ありがとうございます。
本当にそうですね。小さなアマガエルが巣立って、この冬どう過ごすのだろうと思いますが、ひとつひとつがかけがえのない生命なのですよね。
Commented by smashige at 2017-11-26 12:37
> kame3zさん
ありがとうございます。
そうなんですよ。どうなっているんでしょうね。
アマガエルは間違いありません。
今のところ元気ですが、オタマジャクシが越冬できるのか、心配ではあります。
枯れ葉をたくさん入れて、身を隠せるようにしてみました。
by smashige | 2017-11-19 19:58 | ナチュラルライフ | Comments(10)

「『自然』に学び、生命について考える」をテーマに西播磨の自然をレポートします。


by smashige