耳に残るカッコウの声

先週、千種高原に一月ぶりに行ってみました。
コガラの巣を見てみたのですが、出入りはなし。
一月経ったので子育ては終わったのでしょうか?人目に付きやすそうな所なので、巣を放棄したのか?わかりません。
もう少し近ければ、頻繁にいけるのですが、車で1時間半以上かかるのでちょっと遠いんですよね。。

一月ぶりの千種高原には、カッコウの声が響いていました。
姿を一度だけ見ることが出来ました。
カッコウの声は耳に残りますね。夜まで耳の中でカッコウの声が響いていました。

1,カッコウ
b0148762_20194146.jpg


2,食事中のコガラ
b0148762_20201213.jpg


3,卵を持っている?おなかの大きなホオジロのメス
b0148762_20200538.jpg


4,カワガラス
b0148762_20201993.jpg


お昼に千種高原を後にし、午後、家から近い千種川支流、矢野川へ。
先週、山の神より、アマサギのコロニーを目撃したとの情報があったからです。
残念ながらこの日はアマサギは見られませんでしたが、狩り名人のダイサギに出会いました。
観察していた数分の間に、次から次に小魚をゲット。
最後は大きなオイカワの成魚を捕まえて頭から飲み込んでいました。
のどで魚が暴れているのがわかったのですが、ダイサギは気にしないんですね。
ビックリしました。

5,ダイサギ
b0148762_20285402.jpg


6,同上
b0148762_20290012.jpg


7,同上
b0148762_20292121.jpg


8,同上
b0148762_20292784.jpg


9,同上
b0148762_20293434.jpg


10,同上
b0148762_20294091.jpg

この後に見た別のダイサギは、いくら見ていてもいっこうに魚が捕れません。
個体によって狩りのうまい下手があるんでしょうか。
年齢を重ねてうまくなっていくものなのかも知れませんが。

[PR]
Commented by bernardbuffet at 2017-05-27 21:02
神田川にもサギはいますが、なんだか雰囲気が違いますね(笑)
Commented by mirakurupurin2 at 2017-05-28 00:33
ダイサギさんって、結構大きく口を開けられるんですね。
5番のお魚さんが跳ねているところを見てそう思いました。
お魚さんが喉を通っていくところも見えるんでしょうか?
喉のところでも跳ねていたりして。


Commented by xylishcool at 2017-05-29 19:33
ダイサギって言うんですね。ホント勉強になります。
Commented by smashige at 2017-05-31 19:39
> bernardbuffetさん
ありがとうございます。
雰囲気が違いますか。都会のサギよりちょっと野性的ですかね。。
Commented by smashige at 2017-05-31 19:40
> mirakurupurin2さん
ありがとうございます。
喉のところで動いているのはわかりましたよ。大胆ですよね。
喉が長いからどうって事ないのかもしれないですね。
Commented by smashige at 2017-05-31 19:41
> xylishcoolさん
ありがとうございます。
ダイサギとチュウサギの違いはわかりにくいのですがね。これはダイサギのようです。
ダイサギ、チュウサギ、コサギといます。
なんか安易な名付けのような気もしますがね。。
by smashige | 2017-05-27 20:39 | 野鳥 | Comments(6)

「『自然』に学び、生命について考える」をテーマに西播磨の自然をレポートします。


by smashige